アクリル板の彫刻加工に使われる機械はマシニングセンタやレーザー加工機を使用しています





マシニングセンタの特徴としまして
高速軸送り、高速主軸、最適な加減速制御によりサイクルタイムが短縮され高生産性を実現できます
アクリルや樹脂アルミなどの軽素材、軽金属などの高速切削など様々な素材の加工にも適しています
ワークスペースは縦350mm×横500mm、マシニングセンタならではの加工、3D加工が可能です






使用するレーザー加工機はCO2レーザーになり
画像や写真などを木材、プラスティックフォーム、ゴム、合板、MDFボード、紙、木材、ガラス
アクリル板、繊維、皮などの様々な素材に彫刻、刻印、マーキング、などが可能です
レーザー出力の前に0.1mm単位で無段階に設定できるため
思いのままショルダーを作成する事ができます
ワークスペースは縦508mm×横812个砲覆螢侫蹈鵐函▲丱奪と共にドアオープンが可能です
ドアオープン時には大きい素材の導入が可能です